PRCA PRコンサルタント協会

03-6894-7597

営業時間 10時〜18時(平日)

お問合せ

Useful blog
お役立ちブログ

PR会社を巻き込んだゴーン逃亡劇は日本の広報PRのガラパゴスを浮き彫りに

  • コラム

こんにち
一般社団法人PRコンサルタント協会代表理事の竹村です。

今年の正月、竹村わけあって1人で過ごすことに…(泣)

 

 

ウチで、毎年母親がつくるうす味の雑煮を正月に食べていたので、その味をマネてつくって

みることにしました。

年末に、材料少なめに一通り揃えていたのですが、なるとだけ1本ごとしか売っておらず、

ちょっと多いなと思いながらやむなく購入。

 

どうせ雑煮元旦含めて2日くらいしか食べないだろうと、半分ぐらい切ったなるとをいっぺん

に入れたら、雑煮の中、なるとだらけに!

正月早々目が回りそうになってしまいました。

 

 

あとでダイエーに行ったら、なるとも半分で売っていたのに気づいて来年これをいこうと…

 

でもちょっとまてよ、、、

また来年の正月もひとり雑煮かよー

これ嫌だなああー

ということで、昇太さんを見習って、早めに何とかしたいと思っています。

 

ところで、正月早々友人からの電話が。

今年ひとりで、なるとだらけのお雑煮食べて目が回りそうになったというのも嫌なので、

年末から旅行に行ってたとウソを、、、

友人「どこ行ってきたんだよ?」

に思わず、

「レバノン」

 

 

それにしても、今回のゴーン逃亡劇PR会社まで巻き込んで世界中で大騒ぎになってますね。

 

カルロス・ゴーンというだけあって除夜の鐘とともに、カネでなく楽器の箱に入って脱走する

など、夜逃げ本舗も真っ青という感じです。

 

PRの専門家やジャーナリストなども多くのコメントを出していますが、今回の本質自らの嫌疑

日本の司法批判にすり替えている

と言うことでしょう。

 

PRの専門的にいうと、日本の司法制度の欠陥を指摘して、自分に有利な課題設定(アジェンダ)を

おこなうということです。

 

 

ゴーンさんに次のような日本の歴史の質問をしたら、多分こんなふうに答えるのかも。

「本能寺を焼いたの誰ですか?」

「私じゃありません」

 

フランスのPR会社が仕切ったという記者会見も、茶番の印象がぬぐえず、見識のあるメディア

専門家からゴーンさんのブランド失墜免れないという見方が大半だったようです。

 

ただし、今回の事件であらめて浮き彫りになったの、日本の検察の広報力のなさだったよう

思います。

 

ある意味、ゴーンさん日本の検察をボイコットしたといえるかもしれません。

 

ボイコットといえば、日経に載っていたマラソンの瀬古さん記事を思い出します。

瀬古さんが、地裁で講演したときに自分がオリンピックで金メダルとって国民栄誉賞をもらって

いたら、裁じゃなくて最高裁で講演してたでしょう。

 

ゴーンさんも指摘している記者クラブを中心にした情報提供や、情報の発信が国内向けにとどまっ

しまっいることなど、検察広報のガラパゴス化を浮き彫りにしてしまった感があります。

 

国際世論に訴えかけているゴーンんに比べるといかにもドメスティック。

これだけインバウンドで外国人が増えると、日本国内がグローバルみたいなもんだからこれでもいいか、

という気もしてきますね。

 

日本人にとっての世界り国内なのかなあ、、、と。

 

ちなみに、日本から海外に逃亡するのに3つのルートがあるのをご存知ですか?

そして、逃亡する前日に必ず泊まるホテルがあると、、

それが、新宿にある

ホテルサンルート東京

これでベイルートでの記者会見も可能になるわけです。

PR Consutant Support

PRコンサルタント向け講座

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRのスキルは非常に幅が広く、かつ細かいノウハウがたくさんあるので、本などを読んでもなかなか全体を掴みきれません。

PRスキル検定は、そんな悩みを持つ広報・PRに関わる人たちに、1日1問楽しみながら問題に回答していくことで、新しいノウハウの獲得、忘れていたスキルの再確認、最新情報のアップデート等が可能となります。

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明

関連の人気記事

おすすめの記事

ページトップへ