PRCA PRコンサルタント協会

03-6869-1655

受付時間 9時〜18時(平日)

お問合せ

Useful blog
お役立ちブログ

【PRスキル検定】ケーススタディPRの説明として適当でないものはどれか?

  • PRスキル検定検定・講座

 問題

ケーススタディPRの説明として適当でないものはどれか?

 

 

選択肢

①導入先企業の営業や広報との連携が重要である
②自社の情報もできるだけ大きく報道されることを目指す
③導入先企業にも自社にも反響が大きくなる手法である

 

 

 

回答

②自社の情報もできるだけ大きく報道されることを目指す

 

 

解説

ケーススタディはあくまで自社の商品やサービスの導入先企業を前面に出して紹介する方法である。

自社の紹介は「この商品を提供している○○社(自社)は…」くらいに留めることで逆に信頼性を高め反響を得やすくなる。

PR Consutant Support

PRコンサルタント向け講座

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRのスキルは非常に幅が広く、かつ細かいノウハウがたくさんあるので、本などを読んでもなかなか全体を掴みきれません。

PRスキル検定は、そんな悩みを持つ広報・PRに関わる人たちに、1日1問楽しみながら問題に回答していくことで、新しいノウハウの獲得、忘れていたスキルの再確認、最新情報のアップデート等が可能となります。

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明

関連の人気記事

おすすめの記事

ページトップへ