PRCA PRコンサルタント協会

03-6869-1655

受付時間 9時〜18時(平日)

お問合せ

Useful blog
お役立ちブログ

【PRスキル検定】 通信社の説明として正しくないものどれか?

  • PRスキル検定検定・講座

 問題

通信社の説明として正しくないものどれか?

 

 

選択肢

①通信社の記者が書いた原稿は契約する新聞社で必ず掲載される
②国内では共同通信と時事通信が主である
③自社で新聞を発行していない
④記者の数や体制は全国紙とほとんど変わらない

 

 

 

回答

①通信社の記者が書いた原稿は契約する新聞社で必ず掲載される

 

解説

全国紙等の新聞社は、記者が書いた記事は自社の新聞にしか掲載されないが、通信社の記者が書いた記事は契約する多くの

メディア(主に地方紙)に配信され、複数の新聞などに記事が掲載される。ただし記事を掲載するかどうかは、契約する各新聞社

に決定権があり、通信社が配信した記事が必ず掲載されるとは限らない。

PR Consutant Support

PRコンサルタント向け講座

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRのスキルは非常に幅が広く、かつ細かいノウハウがたくさんあるので、本などを読んでもなかなか全体を掴みきれません。

PRスキル検定は、そんな悩みを持つ広報・PRに関わる人たちに、1日1問楽しみながら問題に回答していくことで、新しいノウハウの獲得、忘れていたスキルの再確認、最新情報のアップデート等が可能となります。

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明

関連の人気記事

おすすめの記事

ページトップへ