PRCA PRコンサルタント協会

03-6869-1655

受付時間 9時〜18時(平日)

お問合せ

Useful blog
お役立ちブログ

自費出版はなぜ駄目なのか?

  • PRコンサルタント講座検定・講座

「あなたの会社でも出版してみませんか?」

御社にもこのような営業の電話かかってきたことはありませんか?

これはいわゆる企業出版という名の自費出版の勧誘の電話です。

 

大手出版社では最も営業力のあるG社が有名ですが、ここでは法人向けと個人向けにわけて営業しているようです。

 

 

法人向けの企業出版(自費出版)は、G社以外でも雑誌を発行している大手出版社では扱っているところが多いです。

 

契約すると担当するライターが決まり、企業のトップなどの対象者に取材をして本を作っていきます。

 

編集作業も一応するようですが、自費出版ではブランド力のある出版社の場合、著者(企業)から800万から1000万円

程度の費用をもらっているので初めから売る気がありません。

 

業界では、自費出版で売れるのは1000に1つとも言われてるそうです。

 

発行部数も通常の商業出版では4000部から6000部が初版になりますが、自費出版の場合は500部から1000部程度の

ようです。

 

これでは全国の書店に流通することは無いですし、書店でも企業出版(自費出版)の本はわかるようになっているので、

配本されてもすぐに返品するような仕組みになっています。

 

 

ですから、企業出版(自費出版)は、中小企業の社長が創立何周年の記念とか、引退前の回顧録を出すときに、大手出版

社のブランドで出して格好をつけるには悪くないと思います。

 

 

ただし、出版をすることで会社のブランド力を高めてビジネスの成長に繋げたいと考えている方には残念ながら向いて

ません。出版をするなら、出版社がリスクを取って本気で売る気になる商業出版を目指すべきです。

PR Consutant Support

PRコンサルタント向け講座

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRのスキルは非常に幅が広く、かつ細かいノウハウがたくさんあるので、本などを読んでもなかなか全体を掴みきれません。

PRスキル検定は、そんな悩みを持つ広報・PRに関わる人たちに、1日1問楽しみながら問題に回答していくことで、新しいノウハウの獲得、忘れていたスキルの再確認、最新情報のアップデート等が可能となります。

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明

関連の人気記事

おすすめの記事

ページトップへ