PRCA PRコンサルタント協会

03-6869-1655

受付時間 9時〜18時(平日)

お問合せ

Useful blog
お役立ちブログ

広報担当者・PRパーソンが知っておきたいマーケティングの基本とは?③

  • PRコンサルタント講座検定・講座

広報・PRパーソンのためのマーケティングの基本~マーケティングの本質とは?~

 

マーケティングの目的は、

 

ステップ1

 

消費者に商品やサービスを知ってもらう

 

 

 

ステップ2

 

その商品やサービスを買ってみたいと思わせる

 

 

ステップ3

 

購入者に繰り返し使ってもらう

 

 

ステップ4

 

使った後の評価を発信してもらう

 

 

ステップ5

 

評価をもとに商品やサービスを改善する

 

 

以上のステップを繰り返していくことともいえます。

 

 

このマーケティングのプロセスで重要なのは、企業にとって各段階でやるべきことが違うことです。

 

 

また、マーケティングを評価するのは、各プロセスの数、例えば広告やサイトの閲覧数ではなく、

 

・最終的な売り上げや利益がどれぐらい上がったか?

 

・リピートしてくれた人がどれぐらいいたか

 

というところが本質ともいえます。

 

 

 

広報・PRパーソンのためのマーケティングの基本~顧客のニーズとウォンツの発見~

 

日本では伝統的に

 

「良いものを作れば売れる」

 

というプロダクトアウト的な発想が主流でした。

 

 

しかし、国内でも最近は

「顧客が良いと思うものを売る」

というマーケットインの考え方が定着してきています。

 

 

顧客のニーズを汲み取って、商品やサービスを提供するという、まさにマーケティングの発想ともいえます。

 

 

しかし、顧客のニーズを正確に把握するのは、言うは易し、そう簡単なものではありません。

 

 

たとえば、お客さんの声を聞いていわれた通りに商品を作っても売れない、というのはよく聞かれることです。

 

 

ここに落としの穴があるわけで、実は顧客自身も自分自身のニーズを正確に把握しているわけではないのです。

 

そのために、企業側はより顧客に寄り添い、常にどのようなものを求めていて、どのような場面で使うのかなど探っていく必要があります。

 

要するに顧客の本音を聞き出して真のニーズを発見することが重要になるということです。

 

 

 

 

広報・PRパーソンのためのマーケティングの基本~マーケティングのPDCA~

 

顧客のニーズやウォンツは常に変化するため、顧客に寄り添って仮説を考えることが必要になります。

 

その上で、マーケティングのPDCAを回していきます。

 

 

1.Plan(計画)

 

顧客に寄り添って発見したニーズやウォンツなどを仮説として、商品やサービス、コミュニケーションなどを策定する。

 

 

2.Do(実行)

 

様々な媒体を使って商品サービスの内容や利用シーンなどを伝えていく。

 

 

3.Check(評価)

 

売り上げや利益、ターゲット顧客の購買数、購入者の評価やメディアの効果などをチェックする。

 

 

4.Action(改善)

 

評価をもとに、商品やサービス、販売チャンネルやメディアの見直しなどをはかる。

 

 

このプロセスで、社内の様々な担当者が連携していくために、情報やデータの見える化や共有が重要になります。

PR Consutant Support

PRコンサルタント向け講座

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRのスキルは非常に幅が広く、かつ細かいノウハウがたくさんあるので、本などを読んでもなかなか全体を掴みきれません。

PRスキル検定は、そんな悩みを持つ広報・PRに関わる人たちに、1日1問楽しみながら問題に回答していくことで、新しいノウハウの獲得、忘れていたスキルの再確認、最新情報のアップデート等が可能となります。

PRスキル検定

PRスキル検定

2018.7.1

PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明PRスキル検定についての説明

関連の人気記事

おすすめの記事

ページトップへ